AVIOT LIVE :01開催のお知らせ

AVIOT LIVE:01開催!
旬な音を、ライブとイヤホンで楽しもう!
AVIOTの最新完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21f」が世界初展示!

場所:吉祥寺CLUB SEATA(アクセス:https://seata.jp/map/)
日時:7月12日(金) OPEN18:00 / START18:30
チケット:2000円+1D
チケット販売サイト:https://eplus.jp/sf/detail/3006560001-P0030001
6月23日(日)10:00から発売開始。

出演アーティスト発表!
・森田くみこ
・クマリデパート
・Maison book girl
・ZOC

森田くみこ
2012年より森田くみことして活動を始める。 ピアノでの弾き語りをメインにサポートメンバーを交えバンドでの演奏も行う。 多くのミュージシャンと鹿児島で共演し、2014年1月のCAPARVO HALLでのワンマンライブをもって上京。 現在、東京近辺を中心に活動中。 AVIOTブランドの主力製品「TE-D01d」のWEB CM”AVIOTと旅に出よう編”の挿入歌「明かりのない街」で好評タイアップ中。
◆TE-D01d WEB CM:https://youtu.be/913IonwBmIg
 


クマリデパート
「世界のこころのデパート」をコンセプトに活動する4人組アイドルグループ クマリデパート。 2016年に結成し、2018年5月より新体制として再始動。 2018年9月@JAM × タワーレコードのコラボレーベル 「MUSIC@NOTE」の第一弾アーティストとしてシングル「あれ?ロマンチック」をリリース 。 2019年1月よりグループ初の東名阪ツアー「千客万来!おいでよ!こころのデパート」が開催され、ファイナル公演を見事SOLDOUTさせる。 同年5月28日に初の1stフルアルバム「ココデパ!」を発売。
公式HP:https://www.qumalidepart.com/
公式twitter:https://twitter.com/qumalidepart/
 

Maison book girl
矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミ、による4人組グループ。通称「ブクガ」。 音楽家サクライケンタが楽曲から世界観の構築まで、トータルでプロデュースを行う。その独特且つ前衛的な音楽性、他には類を見ない世界観が話題を呼び、2016年11月メジャーデビュー。その1年後、2017年末にはZepp DiverCityにてワンマンライブを開催(※「Solitude HOTEL 4F」)するほどに。 2018年5月にはポニーキャニオンへの移籍を発表。そこからは立て続けに、「ビバラポップ」への出演、イギリス・ブライトンでの国際音楽フェス「THE GREAT ESCAPE FESTIVAL2018」に日本代表として出演、EP「elude」のリリース(※収録曲「レインコートと首の無い鳥」がピッコマのTV CMタイアップ)、「Solitude HOTEL 5F」(@日本青年会ホール)開催、と一気に活動のフィールドを大きくしていった。 11月には2ndフルアルバム「yume」を発売。Interludeを含む全21曲で構成。禍々しくもありながら美しさを醸す作品は業界内外の音楽マニアの間で絶賛され、高い評価を受けた。このタイミングにて、NHK「シブヤノオト」で初のTV歌ポーズを披露したことで大きな話題に。また11月末から12月にかけて、「Solitude HOTEL 6F hiru / yoru / yume」を開催(hiru / yoru @日本橋三井ホール・yume@ヒューリックホール東京)。全く内容の違う公演を3回行う異例のワンマンライブも各所で絶賛された。 2019年は3月より福岡・大阪・名古屋を回るツアーの後、シングル「SOUP」をリリース。そして自身最大規模となる「Solitude HOTEL 7F」を4月14日に昭和女子大学・人見記念講堂で開催。6月からは自身初のライブハウスツアー「Maison book girl LIVE HOUSE TOUR 2019」をスタートさせる。
 


ZOC[ゾック]
大森靖子を中心として2018年に結成。 徒弟関係や親子関係を連想させる「大森靖子プロデュース」を否定し、自らをプロデューサー兼メンバー兼同志を表す「共犯者」と位置付けている。 「ZOCとは”Zone of Control”の略、ウォー・シミュレーションゲームやシミュレーションロールプレイングゲームで用いられるゲーム用語です。簡単にいえば、ゲームにおける「支配領域」の概念のことです。そこに、常に提唱している「孤独を孤立させない」の意味を持たせ、このユニットにおける「ZOC」とは”Zone Out of Control”とし、孤立しない崇高な孤独が共生する場所と定義します。ZOCは固定したり、流動的になったり、弾性的に様々な形で形成される。そしてZOCは、ZOCが影響を与え受ける全ての存在と繋がって存在します。私はZOCのプロデューサーではありません。一緒に戦い、一緒に遊ぶ、同じ心に黒い穴の空いた共犯者です。そして、わたしたちZOCの共犯者に、あなたもなってほしい」