TE-D01d mk2-TQ x 石野卓球

CONCEPT

高度な音楽性をも引き出す、
石野卓球さんこだわりの専用チューン。

フラットを基調としたナチュラルな音造りを目指している「TE-D01d mk2」をベースに、石野卓球さん自らが音質チューニングを施しました。僅かに残っていた中高音域のピークを丁寧に調整し、まるでスタジオモニターのような、更にフラットなトーンバランスに仕上げていただきました。AVIOTがこだわったハイスピードでトランジェットが良好な高性能スピーカーの能力を、より高次元で引き出す今回のチューニングにより、アナログシンセ(バーチャルであっても)が気持ち良く“鳴り”、石野卓球さんが手掛けるテクノサウンドをより楽しくお聴きいただける一台です。

TE-D01d mk2-TQ

Message

音楽と寄り添うための大切なものとしてこだわって監修しました。イヤホンはもちろんハードケースまで、“無駄な豊かさ”を感じるPOPな仕上がりです。心を惹かれた人は是非手に取ってみてください!

TE-D01gv

SPECIAL FEELINGS

遊びゴコロを詰め込んだ、
POPなカラーリング

石野卓球さんのシンボルロゴをイヤホン本体やチャージングケースにあしらい、イエローのカラーリングを施しました。オーディオ製品には珍しいPOPなカラーリングもご本人こだわりのポイントです。

TE-D01gv

WEB CM

Play

Interview Movie

Play

⽯野卓球

1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。
1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。 2017年12月に最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』、2018年1月にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリース。2019年6月には、新曲を5週連続で配信リリースした。 現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

Official Site

通常モデルとの違い
・石野卓球さん監修によるサウンドチューニング
・石野卓球さん監修によるオリジナルカラー
・石野卓球さんのシンボルロゴ刻印(イヤホンマルチファンクションボタン(左側)およびチャージングケース上蓋部)
・オリジナル ポーチ
・オリジナル パッケージ
・オリジナル ボイスガイダンス(声優さんは非公開)

CLOSE

CLOSE