AVIOTについて

AVIOTというブランドは、 Internet of Things (モノのインターネット)と、Audio、そしてVisual それぞれの頭文字を組み合わせて作りました。前世紀の、いわゆるバブル景気に隆盛を極めた日本のAV機器メーカーですが、令和の時代を迎えた今、低価格を武器にした韓国や中国などの新興メーカーなどの攻勢により、その多くが市場から淘汰され、消滅しています。この厳しい逆風の中、新しい日本発のメーカーを1(いち)から立ち上げる事には、大きな不安や、外部からの強い抵抗もありました。しかし廉価ではあるものの、日本のお客様が本来求めている繊細で、美しく、手触りの良い商品が無くなっている事に不満と不安を感じ、志を同じくする仲間たちと日系ブランド再興の為、商品を造り、送り出すことを決意しました。 実際にその商品を使う前から、日本メーカーの高い品質が伝わる。IoTをもっと身近に、誰にでももっと簡単にお使いいただける。「神は細部に宿る」、この言葉を常にモノ造りの中心に置き、細部まで作り込まれた商品を提供し、お客様に深い喜びと感動を与える。そんな製品を造りたい。AVIOTの5文字には、我々創業メンバーのそんな熱くて強い想いが刻まれています。

AVIOTが目指しているのは「日本の音」。

日本に住む人々の多くは、世界でも稀な母音節を中心とした発音体系を持つ「日本語」を聞き、話しています。AVIOTはそんな人々の聴覚特性を深く学び、熟知しているオーディオエキスパート達が携わり、その特性に合わせた音響設計と、0.1dbレベルのチューニングを、魂を込めて徹底的に施しています。これは日本語の曲だけが良く聴こえる、という事ではありません。日本語を聴き慣れた人々の耳に合わせて、クラシックやジャズのようなアコースティックな曲でも、EDMやヘビメタのような激しい曲であっても、最も心地よく響くようにしています。AVIOTは日本発のオーディオ&ビジュアルブランドとして「日本の音」を基点とし、今まで聞こえなかったような音まで聞こえ、そしてお客様がずっと使い続けたくなる心地良さを追求していきます。