Coming Soon
製品写真

平面磁気駆動型ドライバー搭載
Hi-Res Wireless対応
ヘッドホン

WA-Z1PNK  オープン価格

Coming Soon

新境地のヘッドホン
「WA-Z1PNK」

これまではベースモデルを元に音質を調整して、ピヤホン“らしさ”を出していた。今回、このヘッドホンがAVIOTのフラッグシップモデルになる。

構想から長い年月をかけAVIOTとピヤホンで同じゴールを探りあった結果、耳の肥えたユーザーにも感動してもらえるようなものに仕上がった。上質でうっとりするような音質に、「こんなアプローチができたのか」「こんなところにたどり着くのか」と驚くはず。

まずはとにかく自分の耳で聴いてみてほしい。

― ピエール中野

平面磁気駆動型ドライバー採用

「平⾯磁気駆動型」ドライバー:イメージ

一般的なダイナミック型ドライバー(断面図)

一般的なダイナミック型ドライバー(断面図):イメージ

平面駆動のダイナミック型ドライバー(断面図)

一般的なダイナミック型ドライバー(断面図):イメージ

ヘッドホンの⼼臓部とも⾔えるドライバーに、「平⾯磁気駆動型」ドライバーを採⽤。
一般的なダイナミック型ドライバーは、振動板へ部分的な駆動力を与えて振動させていることに対し、平面駆動型ドライバーでは、振動板の全面に均一な磁気駆動力を与えることで音を再生しています。これにより低音域から高音域までフラットで理想的な振動が得られ、低歪で位相乱れの少ないレスポンスを実現しました。
そして、従来の平面駆動型ヘッドホンが苦手としていた低音域の再生能力についても、内部音響チャンバーと半開放スリット型ハウジングによりエアフローを最適化し、一般的なダイナミック型ヘッドホンと遜色のない音圧レベルへ到達しました。
ポップス、ロックをはじめ、あらゆる音楽ジャンルに対してクリアで再現度の高いサウンドをお楽しみいただけます。

専用DAC・ドライバーアンプIC搭載

専用DAC・ドライバーアンプIC:イメージ

DAC(Digital-Analog Converter)およびドライバーアンプをBluetoothオーディオシステムと切り離し、米国ESS Technology社製の専用ICチップを搭載。
無線利用時にも回路残留ノイズの影響を低減し、S/Nおよびダイナミックレンジを向上しました。ハイレゾ音源の繊細で解像度の高い表現もお楽しみいただけます。

装着イメージ

無線接続時のBluetooth伝送⽅式には、SBC、AACに加え、既存技術(SBC)と⽐べ約3倍のデータ量送信を誇るLDAC™を採⽤。
ワイヤレスでも、音場の広さ、情報量の多さ、細やかな表現等、ハイレゾ⾳源そしてWA-Z1PNKが持つ特性を最大限生かしながら音楽をお楽しみいただくことができます。LDACおよびLDACロゴは、ソニー株式会社の商標です。

2WAYコネクション

「平⾯磁気駆動型」ドライバー:イメージ

有線接続、無線接続、どちらも可能なWA-Z1PNK。「有線・無線どちらで繋いでも、音質差をなるべく出さずに満足な音にしたい」という、ピエール中野氏のこだわりを反映し、どちらの接続方法でも高音質で音楽をお楽しみいただけるよう設計しました。
スマートフォンやPCから気軽に⾳楽を聴きたいときにはBluetoothで接続し無線ヘッドホンとして、ヘッドホンアンプ等と接続してじっくり楽しみたいときには、付属のケーブル(3.5mmステレオミニプラグケーブル・6.3mmステレオプラグアダプタ)を使⽤し、有線ヘッドホンとしてお使いいただけます。バランス接続も対応しているので、対応するケーブル*を使えばより高音質な音楽再生も可能です。付属のケーブルはバランス接続には対応していません
入力ジャックは3.5mm4極(L+/R+/R-/L-)です

WA-Z1PNK:写真

音楽に没頭できる、
快適な装着感

数え切れない程のヘッドホンを使⽤してきたピエール中野⽒の、「自宅でじっくりつかう、という利用シーンを見据え、重量を感じさせない装着感にしたい」というこだわりを元に設計。
長時間使用してもストレスにならないよう、側圧やヘッドバンドをはじめ、細部まで妥協なく突き詰めました。イヤーパッドは⽿当たりの良いソフトな素材を採⽤することにより、オーバーヘッド型ながら⽿や⽿周りへの圧迫感が少なく、快適な装着感を実現しています。

WA-Z1PNK:写真

フラグシップに
ふさわしい
プレミアムなデザイン

シンプルかつスリムな形状のハウジングには、高剛性アルミニウム素材と半開放型スリットデザインを採用。また、肌に触れるヘッドバンドおよびイヤーパッドにはそれぞれパーツごとに異なるエコレザーを使用しています。しっとりとした質感のマットブラックにPNKモデル特有のアンティークゴールドを所々に施すことで、フラグシップモデルにふさわしいラグジュアリーで重厚感のある雰囲気に仕上げました。

ロゴ:JAPAN TUNED
ロゴ:JAPAN TUNED

AVIOTの音作りの特徴は、日本語を聞きなれた人々が最も心地よく感じるサウンド「JAPAN TUNED」。普段話したり、耳にする言語が違うと快適に聴こえるサウンドも異なると言われており、私たちは日本語を母国語とする人々や、日本の音楽文化に触れる機会の多い人々が、あらゆる楽曲を原音に忠実に、かつ心地よく感じられることを目指し、商品開発を行っています。WA-Z1PNKは「目の前に立ち上がるリアルな音場」「アーティストの熱量が伝わるライブ感」をイメージし、引き締まったグルーヴ感のある低域、しっかりとした音像定位でボーカルや楽器を目の前に感じられる中域、伸びやかで音の輪郭をより自然に再現する高域を実現しました。

オリジナルボイスガイダンス

デバイスとの接続や電源ON / OFFを知らせる全8種のボイスガイダンスには、声優・緒方恵美氏の撮り下ろしボイスを採用しました。

緒方恵美(おがためぐみ)
声優/歌手

6月6日生まれ/東京都出身

WA-Z1PNK:写真

小学校6年生の時の学芸会をきっかけに芝居に興味をもち、ミュージカル専門学校卒業後、劇団やミュージカル舞台を中心に活躍。腰の持病の悪化や劇団の解散を経て、声優の世界へ。1992年に『幽☆遊☆白書』の蔵馬役で声優デビュー。代表作に『エヴァンゲリオン』シリーズ(碇シンジ)、『美少女戦士セーラームーン』シリーズ(天王はるか/セーラーウラヌス)、『カードキャプターさくら』(月城雪兎/ユエ)、『Angel Beats!』(直井文人)、『ダンガンロンパ』シリーズ(苗木 誠、狛枝凪斗)、『平穏世代の韋駄天達』(イースリイ)、『劇場版 呪術廻戦0』(乙骨憂太)など多数。1994年に第17回アニメグランプリ「声優部門賞」を受賞。2013年に第7回声優アワード「高橋和枝賞」、2022年に第16回声優アワード「主演女優賞」を受賞。また歌手としても精力的に活動しているほか、2019年2月「株式会社Breathe Arts」を設立。同社の代表を務める。声優業界初の「無料の私塾」として『Team BareboAt』を開校、新人声優の育成にも力を注いでいる。

WA-Z1PNK:写真

ピエール中野

「凛として時⾬」のドラマー。手数、足数を駆使した高度なテクニックと表現力で、豪快かつ繊細な圧倒的プレイスタイルを確立。ドラマーの枠を超えた幅広い活動を展開している。卓越したエゴサ能力、ピエール中野モデルのイヤホン・通称“ピヤホン”が爆発ヒット中。有線ピヤホン3はクラウドファンディングで1億円以上を集め、更に各所で話題を呼びまくる。

Zシリーズ

音楽に陶酔して感動する。作品に込められた思いまでもが心に突き刺さる。
心躍るその瞬間を楽しむ方に、音の楽しさを、喜びを届ける。その思いで誕生したのが、AVIOTのフラッグシップ 「Zシリーズ」です。

同梱物

GALLERY

Corresponding Function 対応機能

ハイレゾ再生

LDAC対応 LDACおよびLDACロゴは、
ソニー株式会社の商標です。

有線・無線
接続可能

マルチポイント
複数端末同時接続

最大再生20時間 再生時間は使用環境により
変動する可能性があります。

Spec 製品仕様

基本仕様

ドライバー
平⾯磁気駆動型ドライバー
通話用内蔵マイク
MEMSマイク×2
最大通話時間
最大15時間 Bluetooth接続時のみ
最大連続再生時間
Bluetooth接続時20時間 使用環境により変動する可能性があります
本体充電時間
約5.5時間
充電ポート
USB Type-C

Bluetooth仕様Bluetooth接続時のみ

Bluetooth version
5.2
マルチペアリング
8デバイス
マルチポイント
2デバイス
対応コーデック
AAC,SBC,LDAC
対応プロファイル
A2DP,HFP,HSP,AVRCP
Bluetooth再生用 DAC AMP
ESS社製 DAC AMP

同梱物

ステレオ接続ケーブル(3.5mm ステレオミニプラグ 1.2m)、標準フォンプラグアダプタ、専用ケース、充電用USBType-Cケーブル1本、
ユーザーマニュアル、製品保証登録カード